忍者ブログ
Since2013.10~「100万人の金色のコルダ」をベースに、吉羅暁彦理事長と日野香穂子の小説を連載していました。現在単発で吉羅理事長楽章ノベライズや勝手に楽譜イベ内容を補完した妄想小説を掲載中。R18小説・HコミックをDLSITEでダウンロード販売中。イラストや漫画も無料掲載中♪一部パスワードあり
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[453]  [872]  [863]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867
いろいろな心身の不調が度重なり、なかなかまとめられなかった「クリスマスと新年」のお話をまとめ、ラストに理事長視点のモノローグを書き下ろして販売開始です!

続きを待っていてくださった方々には、本当に申し訳ありません<m(__)m>

【クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで】

↓ こちらを押すと直接販売サイトに飛びます
クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで DLsite.com直リンク

(以下はサンプル文章・本文より抜粋です)

年末が差し迫ってきて、街中はクリスマスと年越しムードが混在している。

無事特待生への承認が行われて、香穂子は安堵の中にいた。

ただ一つ、心に棘のようにひっかかる懸念を除いては――

時節柄外での練習は寒いし、通常時程の中では音楽科の予約でいっぱいな練習室が空いているので、そこを借りてずっと弾くことができる。

練習室のドアを開けようとすると、そこでばったり土浦と出くわした。

(中略)

理事長室に連れ込まれた香穂子は、吉羅が内鍵をかけるところを見ていた。

「さっきは、土浦君となんの話をしていたのかね?」

「……とぼけないでください、理事長。聞いていたんでしょう?」

「おや、心外だな。私が君達の話を盗み聞きしていたとでも?たまたま君達の会話が洩れ聞こえてきただけだよ。防音とはいえ、楽器も演奏せず扉の近く、それも小窓の傍での声ならば外に洩れてしまうのは自然なことだ」

黙った香穂子の腰を抱き寄せて、吉羅が軽く唇を合わせる。

(中略)

「そう……ですね。もとは五人もいる家だから、たまに一人になりたいと思っても、夜中も朝もずっと一人きりなのは……怖いかも」

香穂子が独り言のように言い終えると、吉羅に力強く肩を抱き寄せられて、耳元に囁かれた。

「今夜は、ずっと一緒にいよう。君に寂しい思いはさせない」

まるで恋人同士の交し合う言葉のように、甘い囁き。

(中略)

――君らしくて、好ましいね。

――今夜は、ずっと一緒にいよう。寂しい思いはさせない。

――ネクタイの結び方を覚えてもらわないと困る。

――私だけを見つめて、という意味だ。

――これは犯罪だ。怖いか?

 

吉羅の言葉の数々がリフレインされる。

 

(中略)

「可愛いことを言ってくれるね。……そんなことを言われると、また君をひどい目に遭わせてしまいそうだよ」

「えっ……」

「離したくなくなってしまうね……今夜はもう、時間がないが」

微笑を浮かべたままの彼の瞳が、香穂子の体のあちこちを這い回っているのがわかる。

「折りよくホテルにいて、舞台装置は整っているのに。――帰したくない」

テーブルに載せた香穂子の手を握られ、真顔で迫られると、香穂子は戸惑いが大きくて何も言い返せなかった。

 

(中略。以下、書き下ろしで理事長視点より)

 

彼女が素肌の上にシャツを羽織ったしどけない姿で私に近寄り、この部屋から見える風景は雄大だけど、寂しく見えるなどと言い出したのだ。

私にとって、ここは寝るためと休息するためのスペースだ。

寂しいなどの想いを抱いた覚えはなかった。

眺望のよさは気に入っているが、窓外のビル群にある種の感慨を抱いたことはあっても、大きく心を揺さぶられた記憶はない。

少女らしい感傷的な言辞に、私は苦い笑みを浮かべた。

不意に意地悪い言葉をかけてみたくなる。

「で、――私が寂しいと言えば、君はここに居てくれるのかね?」

宿泊を命じられたから、明日の夜までという極めて真っ当な返答があった。

私が寂寥を抱えているからといって、それを引き出してなんになるのだろう。

寂しいから力ずくで彼女を傍に置きたがっていると、そう思いたいのか。

(サンプルは以上です)


今更ながらクリスマスと新年、これには紹介絵をつけたくなりました。
で、半日かけて描いていたのが下のです。
カラーにして青くしたらなんか…暗い…
でもこの理事長の表情が、何をか言わんや…という苦悩に満ちてて割と気に入っています。
 
初期は非常にダークな世界観だったので、理事長のどっか病んでるぽい退廃的な雰囲気はやはり彼のテーマカラーであるダークブルーが合うなと思い、エアブラシをかけてみました。
抱かれている女性は髪形でもわかるように香穂子ちゃんです。

今攻略している理事長本編の方、コミカライズしたくてたまらなくなりました…(*´Д`)
でも多分鉛筆か鉛筆風でざっと描く感じになりそうです。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
yukapi
性別:
女性
職業:
イラストレーターみたいなもの 自営
趣味:
読書。絵を描くこと、文章を書くこと。
自己紹介:





なんだかいろいろと絵や漫画を執筆中。…吉羅理事長勝手ノベライズ+捏造小説他公開中.理事長ゆず風呂漫画3完成して一応完結しましたw





100万人の~をベースに現在の時系列で勝手ノベライズ&完全空想エロありエピソードを書いています。時に微エロ・ハードエロありですのでご注意を!







最新コメント
[09/13 yukapi]
[09/12 一葉]
[03/11 吉羅暁彦]
[02/15 吉羅暁彦]
[01/30 yukapi]
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
バーコード
Copyright(c) 吉羅暁彦理事長×日野香穂子 SS小説・漫画イラスト置き場 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]