忍者ブログ
Since2013.10~「100万人の金色のコルダ」をベースに、吉羅暁彦理事長と日野香穂子の小説を連載していました。現在単発で吉羅理事長楽章ノベライズや勝手に楽譜イベ内容を補完した妄想小説を掲載中。R18小説・HコミックをDLSITEでダウンロード販売中。イラストや漫画も無料掲載中♪一部パスワードあり
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[123]  [121]  [85]  [35]  [20]  [6]  [7]  [4]  [1

『私には、確信があるんだ。君は、やがて私に感謝することになるだろう。賭けてもいい――』

理事長に就任したばかりだという、あの吉羅という男の言葉が耳から離れなかった。
傲岸不遜な、自信たっぷりの態度、そして人を見下すことを常としているらしい尊大な話しぶり。

たかが小娘の香穂子の考え方など、全てお見通しだとでもいうような断定の仕方に、今更ながら香穂子は腹が立ってきた。
横暴だと抗議した彼女の言葉など、歯牙にもかけぬといった有様で、香穂子の方こそが
毒気を抜かれてしまったような形だった。



思い立ったら吉日という言葉もあるように、香穂子は早速、放課後理事長室へと乗り込んでいった。
重そうな扉をノックすると、中から吉羅の「どうぞ」と入室を促す声が返って来る。
扉を開くと、中からコーヒーの芳香が漂ってくる。
前はデスクでふんぞり返っていた吉羅だが、この日は様子が違った。
広い理事長室の一角にあるコーヒーサーバーの前に彼がいた。

「ああ、日野君か。どうした、早速何か必要なものが出てきたのかね?」
「必要なものと言いますか……理事長がこの前仰ったことの、確認に来ました」
香穂子の憤然とした口振りからして、抗議に来たという意図を見抜いたらしく、吉羅は
唇の端で嗤った。


「なるほど、言質を取りに来たという訳か。それは賢明だね。いいだろう、君の話に付き合ってあげよう。その前に、ちょうどコーヒーを淹れていたところなんだ。君もどうかね?」
「え……あの」
「コーヒーのカフェインには、頭脳を明晰に覚醒させる効果があることは君も知っているだろう?論戦の前に飲むと効果的かもしれない。……いつまでも突っ立っていないで、ソファに座りたまえ」


言われるままソファに腰掛けると、まず香穂子の前に、高級そうなカップに注がれたコーヒーとソーサーが置かれた。
「要らないとは言わなかったね。嫌いではなければ飲んでみるといい。……ああ、そうか。君はミルクと砂糖が必要だったね。これは失敬、失念していたよ」
吉羅は香穂子の前にミルクと砂糖とスプーンを持ってきた。


「せっかく理事長様がお手ずから淹れてくださったので、ご相伴に与ることにします」
嫌味っぽくなるように言ってみたが、吉羅は余裕のある笑みで香穂子を見つめている。


「君は、酒を飲んだことがあるかね?」
唐突な話題で、香穂子はあやうく咽せてしまうところだった。
たとえ飲んだことあっても、飲んでるなんて、学院一お偉い理事長様に向かって言う訳ないでしょうが……
何考えてるんだろ、この男。

「理事長の仰ることの意味が、よくわかりませんが……一応、私は未成年です」
「別に、飲んでいたことを白状させて、処罰を与えたい訳ではないよ。私は君たちの教師ではない。ただ、人生の中で酒を知らないのは、大いなる損失だと喧伝する輩も多いが、私に言わせれば、コーヒーを知らない人生を送る方が、遥かに損をしていると思うね」


「よほど、コーヒーがお好きなんですね」
「好き……というのとは、少し違うな。もはや、ないと生活に支障をきたすレベルというか、一種の生活習慣になってしまっているからね。中毒と言っても差し支えないかもしれない」
「中毒の域ですか……」
香穂子は呆気にとられてしまいながら、いつしか吉羅のペースに嵌っていることにやっと気付いた。
意表を突くことを言い出して、論点をずらそうとしているのかもしれない。
この優男、実はかなりの策士だったと思い出し、香穂子の中で警戒心が湧き起こる。


香穂子はコーヒーを飲み干すと、吉羅に挑むように顔を見上げた。
「ところで、この前理事長が私に言ったこと、覚えてらっしゃいますよね?」
「ん?どういった内容かな?さすがに、それだけではわからない。ヒントを頼むよ」
「理事長によると、私は後日あなたに感謝するようになると。確信を持っているとも仰いました」
「……ああ、それか」
吉羅は薄く笑うと、香穂子に視線を送る。

まともに目と目がぶつかり合ってしまうが、香穂子は負けるものかとばかりに吉羅を見つめ返す。
「それで?それがどうかしたのかね?」
「その根拠は、私につけてくださる予定の指導者ですか?」
「いや、違う」
香穂子は、自分が当たりをつけていたことをあっさり否定されて、言葉に詰まってしまった。
「強いて言えば、私の勘だ」
「勘、ですか?じゃあ、根拠があったわけじゃないんじゃ……」
「勘というのも、馬鹿にしたものではないよ。人生経験に基づく類例が、データとして私の中に蓄積されている。それを、根拠のない出鱈目だと断じられたくはないね」


吉羅の鋭さと甘さの入り混じった深い瞳に見つめられると、香穂子は何故か落ち着かない気持ちになる。
あの目で、何もかもを見透かされているように思えてくる。
形にならない香穂子の中の、茫漠とした感情を掴み締められるような。


「吉羅理事長は、賭けてもいいと仰いましたよね。じゃあ、賭けませんか?」
香穂子の提案に、吉羅の整った眉が僅かに動く。
「そうだな……いいだろう、賭けは真剣勝負じゃないと、面白くないからね。で、何を賭けようか?」
香穂子はぐっと唇を噛み締めてから、吉羅に告げる。


「期限は、卒業まで。私があなたに感謝の念を持てなかったとしたら……、吉羅理事長は、コーヒーをやめてください」

言ってやったぞ、と言わんばかりに香穂子はやや引きつった笑みを浮かべる。
そこまで好きなものなら、代償として賭けに使ってもいいはずだ。

「……大胆なアイディアだね。気に入ったよ。その条件を呑もう。私の生活習慣の一部になっているコーヒーを奪うほど自信があるのなら、私からも君に賭けてもらうものを決めるよ」
「なんなりと、どうぞ」
吉羅は、いかにも楽しげに笑みを浮かべながら、それでいて目は香穂子を射るように挑発的だった。

「君が卒業までの間に、私に感謝の気持ちを持てたとしよう。その時は、君が一番大切にしているものを、私がいただくというのはどうだろう」
「一番大切な……?」
香穂子は虚を突かれて、目を瞬かせる。
「そう。いつも君が大事に持っている、あのヴァイオリンでもいいな。あるいはその弓とか。あるいは……」
香穂子の瞳を下から見据えるようにしつつ、吉羅は優雅な指先をついと香穂子に向けた。
「……君自身、とか」


あまりのことに、香穂子は二の句が告げられなくなってしまった。
頬が熱い。急速に心臓の鼓動が早まっていく。
それがどういう意味なのか、確かめるのが怖い……


「……おやおや。真っ赤だな。何を想像しているのかは知らないが」
くくっ、とおかしそうに笑い、吉羅は香穂子が赤くなっているのを指摘した。


「君が賭けるもののどれを決めるかは、私が選ぶということでいいかね?」
「い、いいわけないですっ!あの、ヴァイオリンとか、弓なんかでよければ、いくらでも差し上げられますけどっ、でも、さ、最後のは……」
「ああ、君を借り切って、一日私の仕事を手伝ってもらったりとか、そういうことを考えていたんだがね」

吉羅はにやりと笑いながら、うろたえる香穂子の顔をじっと見つめてくる。
そうではない意図を滲ませていたくせに、香穂子が追及するとあっさり逃げる。
「それ以外のことでも考えていたのかね?」
「そんなわけないですっ」
まだまだ潔癖な彼女は、吉羅の言葉遊びで嘲弄されていたのを知って、怒りを露にした。
どう考えても、彼が性的な意味合いをこめて、香穂子がそれと察知するのをからかっていたのは明白なのに。


だめだ、これ以上ここにいたら、私は結局言い負かされてしまう。
香穂子は席を立ち、吉羅に対して捨てゼリフを投げつける。
「私、もう失礼します!理事長、賭けのこと、絶対に忘れないでくださいねっ」
「忘れるわけがないよ。なんなら、言質だけじゃなく念書でも取ろうか?法的にはなんら意味は無いが」
「そうですよね、強要になります。違法ですもんね」

思いがけず香穂子の機知に富んだ返答に、吉羅は瞬間驚いた表情になり、そして次に不敵な笑いを浮かべた。
「その通りだ。念書を交わしたとしても、違法なので効力は無い。君は頭がいいんだな。この事は、お互いの胸に秘めておくのが上策というものだね」
「そのようですね。……では、失礼します」



ドアが閉まって香穂子が立ち去った途端に、吉羅は哄笑したい気持ちになった。
なかなか負けん気が強い。
あれなら、きっと伸びるかもしれない。
吉羅の挑発に対して同じように仕返してくるとは、一見華奢で折れそうに細く見える彼女の心は、案外と強靭そうだと思った。


「コーヒーをやめろ……か」
香穂子が切った期限は卒業まで。
それまでにどう彼女が変化してゆくのか、吉羅は楽しみな気持ちになった。

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
yukapi
性別:
女性
職業:
イラストレーターみたいなもの 自営
趣味:
読書。絵を描くこと、文章を書くこと。
自己紹介:





なんだかいろいろと絵や漫画を執筆中。…吉羅理事長勝手ノベライズ+捏造小説他公開中.理事長ゆず風呂漫画3完成して一応完結しましたw





100万人の~をベースに現在の時系列で勝手ノベライズ&完全空想エロありエピソードを書いています。時に微エロ・ハードエロありですのでご注意を!







最新コメント
[10/27 yukapi]
[09/13 yukapi]
[09/12 一葉]
[03/11 吉羅暁彦]
[02/15 吉羅暁彦]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
バーコード
Copyright(c) 吉羅暁彦理事長×日野香穂子 SS小説・漫画イラスト置き場 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]