忍者ブログ
Since2013.10~「100万人の金色のコルダ」をベースに、吉羅暁彦理事長と日野香穂子の小説を連載していました。現在単発で吉羅理事長楽章ノベライズや勝手に楽譜イベ内容を補完した妄想小説を掲載中。R18小説・HコミックをDLSITEでダウンロード販売中。イラストや漫画も無料掲載中♪一部パスワードあり
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
お待たせしました!連載時、拍手数もコメント数も多かった「35 Extasy」が収録されている激エロティックなパートを販売開始します!

【30蠱惑~49Change clothesまで】
30蠱惑~49Change clothesまで DLsite.com直リンク

以下にサンプル文書を掲載します。おまけで未発表「30話・理事長視点から独白」を最後に収録しています。


「とんだ邪魔が入ってしまったな......」
吉羅が香穂子の下肢に手をやりながら言った。
「もし君が本気で私から逃れたいと思ったのなら、土浦君に助けを求めることもできたはずだ。だが、君はそうしなかったな」
香穂子はどうすることもできず、ただあそこで話を聞いていることしかできなかった。
彼女が土浦の前に姿を現せば、あからさまな吉羅との情交の様子を見せ付ける結果になる。

(中略)

「......やめ......」
顔を上げられて唇を奪われる。
不意に強いノックのあとに、吉羅の返事を待たずにドアが開かれる。
「おっと......」
金澤の声がするが、吉羅は一向にキスをやめたりする様子がない。
今まさに彼に見られてしまっているのに――
香穂子は焦りと羞恥心とで背筋に冷たい汗が伝わり落ちていくのを感じた。

(中略)


彼の動きが止まってしまって、香穂子は泣くような声をあげた。
「お願い......ああ、やめないでください......」
恥も外聞もなく懇願するしかない。
目の前に迫り来る絶頂を逃したくない一心で。
「......ふふ。そんなにいいのか?」
笑いながら、吉羅が律動を再開させる。
完全に抵抗する意志を失くし、彼によって与えられる悦楽を貪ることしかできない。
「君が、こんなにまで私に溺れてくれるとはね。......男冥利に尽きるな。......もっと気持ちよくしてあげるよ。もっと......もっとね」


(中略)

「君の体が急速に成熟を遂げているのに、心がついていかないというところかな。私も、君を酷く責め苛み過ぎてしまったようだ。長居はよくないから、私はそろそろおいとまするよ。早く元気になって、またヴァイオリンを聞かせて欲しい。待っているよ」
額に軽くキスをされて、一瞬だけ低く囁かれた。
「愛しているよ。――香穂子」


扉を開ける前に、吉羅は少し後ろを振り返って微笑を浮かべた。
嘘のような本当の言葉。
取ってつけたような言葉だと思ってしまいそうになるが、何度も反芻する。
ほんの十分くらいしかここにいなかったのに、彼の言葉などどれが本当か嘘かもわからないのに。
もう涙は出なくなっていた。
無自覚なマゾヒストだと吉羅に指摘された途端に、全ての符号が合わさった気がした。


(中略)

「ああ、日野君。ご苦労だったね。ここの整頓は私の部屋の何倍も大変だろう。
とても一日で終わるような作業ではなさそうだ」
吉羅の苦笑交じりの声を聞き、金澤が反論する。
「日野の奴、おまえと同じような物言いまでするようになったぞ。経費削減しろってよ。さすが理事長様の秘蔵っ子だよなあ」

そんなことをからかい半分にまで言われてしまって、香穂子は内心激しく動揺する。
確かに、学院の経営状況は相変わらず芳しくないのを吉羅の口から直接聞かされている。
だから当たり前の策を、当たり前のように提案したつもりだったのに。
「それは堅実ですね。彼女の言い分は正しいですよ。生徒の方が学院の状態によほど危機感を持ってくれているというのは、どうなんですかね」


(中略)
不意に会話が途切れて、暫しの沈黙の後に吉羅が呟くように話した。
「言っただろう?リセットする、と」
「......そうですね。そう言いましたよね」
香穂子は微かに笑みながらうなずいた。
「それから......私は、私からは触れない、と言ったのだがね」
思いがけない言葉に香穂子は黙った。
つまり、触れたければそっちから触れてこいという意味に取れる。
テーブルの上に置いた香穂子の手が、そう言われたからといって動くことはなかった。

「――ずるい」
香穂子はぽつりと言った。
「ずるい人ですね......あなたは」
思ったことを正直に口走りながら、香穂子は頬と胸のあたりが熱くなるのを感じていた。
「私のどこがずるいって?」
香穂子をからかうような口調と目つきになった吉羅に気持ちが揺さぶられる。
「私のこと、あんなにさせておいて......」


(中略)
「――ねえ、吉羅さん。私のこと、好きですか?」
「好きだよ。でなければ、こんなことはしないよ」
「じゃあ、愛してるって言いましたよね。本気ですか?」
「本気だよ。――愛しているよ」
真顔で見つめられながらそう告げられると、うっかり信じてしまいたくなる。

「相手の嫌がることをしたり、困らせたりすることが、あなたの愛情なんですか?」
静かな怒りが香穂子の声の調子を落とさせていた。
「好きな子ほどいじめたくなるという小さな子供がいるだろう。それと似たようなものだよ」
「それじゃあ、そんな子供じみた愛情表現があなたのやり方なんですか?」
吉羅はふっと笑った。


(中略)
特典未発表書き下ろし 理事長の独白より抜粋

――嫉妬......?
嫉妬しているのだろうか。
年若い未成熟な少年に。
三十路を過ぎた、いい大人の私が。

土浦は二年生当初から彼女と仲がよく、私が理事として着任する前から日野君と密に接し続けている。
コンクールへの出場を強要され、伴奏者が土壇場で欠場するという窮地に陥った日野君の伴奏を買って出て、彼も一躍注目の的となった経緯を辿っている。
彼の一年近くに亘る熱い想いは、気の毒に、彼女には届いていなかったようだ。
――さぞ悔しいことだろう。
たかだか秋口くらいからしか接していない私が、日野君の身も心も奪ったと知れば、あのように激しく憤っても致し方あるまい。


先日販売した分も、お買い上げありがとうございます<m(__)m>
販売数がじわじわと増えているのを見ると、とてもとてもありがたい気持ちでいっぱいです。

実は先日のシンフォニア設定のお話も書いているんですが、妙にエロくなってしまった…(´・ω・`)

拍手[0回]

秘かにリクエストを受けて書いていました、コルダ2f理事長話の「その後」
そのお話の挿絵として描いていた、吉羅理事長の絵です。下の記事にある線画をベースにして色を重ねまくりました。

押すと拡大します。PNGなのでかなり画像が重いですが、髪の辺りは拡大して見て欲しいです♪

数日前から描いてて、どうも納得できない箇所は執拗に修正したりしていました。
10枚くらいレイヤー重ねています。
後日、お話と併せてアップしたいです。



拍手[3回]

衝動的に、スケッチブックですらないクロッキーブックに描いたネームをスキャンして、髪を加工したりしました。
今回の理事長!高1!かわいいいいいいあああああああああ
ということでほんと衝動的に描いてみました。字が汚いのは殴り書きだからです…すみません
押すと拡大します。

今回の理事長イベ、コミカライズしたいいいいいいい(香穂子ちゃんを絡めて)



こちら、記憶のみでFiraAlpacaでいきなり描いた理事長様。部分をトリミング。
とあるリクエストを受けて書いた文の挿絵として描きました。まだ色をつけていないけれど、時刻は夜です。
文章書いてますので!しかもいい感じに転がってきましたよ!!あともう一息…!

拍手[1回]

凍てつくような冷たい雨が降りしきっている。
晩秋から初冬にかけての頃には、不意にこんな真冬のような日が訪れてくる。
体の芯の体温までをも奪い去っていくような冷気の中を……姉の墓標目指して歩いて行く。


白い石、これはなんだろうか。

ここに刻まれている墓碑銘は確かに姉のものだ……
だが、幾度見てもこれが現実の事象だなどと思いたくない。
この下に、姉が眠っているだなんて信じられない。
未だに信じたくない、悪夢の中にいるようだとの想いが拭い去れない。
墓標を見てはいても何も心に響いてはこない。
神父が鹿爪らしい顔つきをして、聖書の詞らしいものを何事か呟いている。

――やめてくれ。
誰か嘘だと言ってくれ。
夢ならば覚めて欲しい、誰か僕の体を揺すって起こしてくれ。
空々しい言葉など聞いていたくない。
ここに姉はもういないのに……

これまで抑えていた苦痛と憤りとが蘇りかけてしまいそうになる。
ようやく僕は「現実を見ずに逃げる」といった方策で、この先の自分の進路を決めようとしていたのに。
寒さで傘を持つ手指が痺れるようになってきて、それが極まるとかじかんだ手がこわばり、やがて傘の柄を握る感覚さえも消え失せ、木の柄と手が一体化してしまったようだ。
もう僕は、指先が冷えようが痛もうがどうでもいいんだということを思い出した。
いっそ凍傷を負うとか、手指の神経が切れるとかの損耗で、この手が動かなくなってしまっても構いはしない……

――心でも何も感じなくなれたなら、どんなにか楽だろう。


覚束ない足を引きずるようにして、皆が進むのに合わせて教会の一室へと入った。

これから、茶話会が行われるというのを虚ろな気持ちで聞き流していた。
韜晦の詞があるが、それは僕の耳を素通りしていくばかりだ。
近い親族に囲まれた僕からかなり離れた末席、姉の友人知己のいる辺りに、金澤先輩の姿がちらりと映った。
彼は僕より二学年上の二十歳になるので、飲酒を勧められているようだ。
ああ、彼の傍に行きたい、なんでもない与太話でもいいから金澤先輩と話していたい、できるならこの場を離れてから。
笑いながら会話を交わしているこの場の親族や知人たちに、言いようのない苛立ちを覚えた。

この集まりの名目は、僕の姉が亡くなったのを追悼するはずなのだ。
かと言って嘆きに嘆いて泣いたりされてもどうかとも思うが、趣旨さえ忘れられていないだろうか?
……愚にもつかないお喋りが繰り広げられている。
耳を塞いでしまいたい。
僕はどうして今日、こんなところに来てしまったのかと後悔の念が押し寄せてきた。
独りきりで姉を悼み偲ぶ時間はとうに過ぎたのに――
この騒ぎが鬱陶しくてならない。


憮然とした心持ちでいると、近くにいた僕の叔父が話しかけてきた。
音楽科から、普通科への転科が認められたという報告なのだが、何故それを今この場で言う必要があるんだ?
あんたは校長なんだ、あんたの裁量次第で一発でOKじゃないか。
それをなんだかんだと渋った挙句に、転科を申し出てから半月近くも回答を引き伸ばされてきた。
親族一同が集う満座の席中で僕の意思を確認する叔父の言葉に、どうしようもなく胸が悪くなってきてしまい、僕は席を立ちながら退出する旨を伝えた。

「勿体ない」
「暁彦は本当に、ヴァイオリンを辞めてしまうのか」
そんな声に父や母が説明しているようだが、僕にはもうどうでもいい。

繰り返し、百回は聞かされただろうそんな会話が飛び交う中、僕は振り向きもせずに大人どもから離れていった。

淀んだ空気から一刻も早く逃れたくて、教会の外へと飛び出したが外は雨が降り続けている。
濡れるのも構わずに、僕は喪服のネクタイを緩め、緑に溢れた屋外の清澄な空気を吸い込んだ。

「中抜けか、吉羅?」
不意に差し掛けられた傘のお陰で凍りつきそうな雨の雫が遮られ、穏やかなテノールの響きが僕を引き止めた。

「……金澤先輩……」
彼の姿を間近で認めた途端に、今まで感じていた緊張感や憤懣が一気に解されていくのがわかった。
彼だけは、先輩だけは僕をわかってくれる……そんな想いからだ。
「あれ、ほっといていいのか?」
彼は顎で教会の方を示した。
「いいんですよ」

……仏式の法事でもそうだが、どうして故人を偲ぶはずの場が、どんどんその趣旨を見失うように崩れ、ただの酒宴になり下がるのだろうか。
理解できないし、したくもない。
僕の思うまま吐き散らした言葉に、金澤先輩も同意をしてくれた。

彼は喪服の袖口に寄せた顔をしかめている。
「うっへ、ヤニくせえ。酒の場っつうと、匂いが服に染み付くよな」
「先輩はテノール歌手だから、煙草を嫌って当たり前ですけど。僕もどうも、煙草は体質に合わないみたいですね」

興味から煙草を吸ってみたことを彼に話すと、最初驚きで目を見開いていた先輩が、少しして笑い出した。

「……煙草お?おまえがか?」
僕が煙草に手を出したのがそんなにおかしかったのか訊き返すと、彼はしきりに頷く。
切れ切れに笑っている彼を見て、笑いのめしてくれてよかったと思っていると、肩を叩かれた。

「無理すんなっつったろ?」
「無理じゃありませんよ」
そうは言いつつも、背伸びをしたい意図を見透かされていたか……
今までの僕らしからぬ振る舞いを試してみることで、少しでも憂さを晴らせたらという願望があった。

「……なあ、吉羅」
いつになく真剣な面持ちになった金澤先輩の口から紡がれた言葉は少なからず僕に衝撃を与えた。
「あそこ出てくんなら、俺の下宿に来ねえ?……割とマジで」

この前は酒を酌み交わしながら、その場のノリで冗談半分にしていた会話だが、今回は様子が違った。
僕は咄嗟に何も答えられずに、黙って彼の顔を見つめていた。

拍手[13回]

すっかり街中はハロウィン一色、橙色と黒のめでたいのやら怖いのやらはっきりしろという雰囲気に染まっているようだが。
淑女の皆様方は元気にしているかね?
さて馬鹿な漫画ができたようなので、精々笑って…笑えない?「ハロウィン メタル」で検索してみると、元ネタがゾロゾロ出るはずだ。

メタル脳からすると、ハロウィンといえばマイケルキスクとカイハンセンの守護神伝なのだよ。異論は認める。

作者はDreamTheater依存症で、ドリムシを聴いていないと死にそうになるくらい依存し熱中している。
Octavariumを買いたいというか、amazonミュージックにあってもストリーミングでは不満でCDは欲しいらしい。
最近はデスラッシュ系のデスヴォイスを聴くのは少し辛いようだ。源泉はパープル、ホワイトスネイク、そしてインギ―アルカトラズなのだからまあ仕方がないか。
しかしラブリエは人生。ドリムシは神。Therion早く来日してくれ。

拍手[1回]

いろいろな心身の不調が度重なり、なかなかまとめられなかった「クリスマスと新年」のお話をまとめ、ラストに理事長視点のモノローグを書き下ろして販売開始です!

続きを待っていてくださった方々には、本当に申し訳ありません<m(__)m>

【クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで】

↓ こちらを押すと直接販売サイトに飛びます
クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで DLsite.com直リンク

(以下はサンプル文章・本文より抜粋です)

年末が差し迫ってきて、街中はクリスマスと年越しムードが混在している。

無事特待生への承認が行われて、香穂子は安堵の中にいた。

ただ一つ、心に棘のようにひっかかる懸念を除いては――

時節柄外での練習は寒いし、通常時程の中では音楽科の予約でいっぱいな練習室が空いているので、そこを借りてずっと弾くことができる。

練習室のドアを開けようとすると、そこでばったり土浦と出くわした。

(中略)

理事長室に連れ込まれた香穂子は、吉羅が内鍵をかけるところを見ていた。

「さっきは、土浦君となんの話をしていたのかね?」

「……とぼけないでください、理事長。聞いていたんでしょう?」

「おや、心外だな。私が君達の話を盗み聞きしていたとでも?たまたま君達の会話が洩れ聞こえてきただけだよ。防音とはいえ、楽器も演奏せず扉の近く、それも小窓の傍での声ならば外に洩れてしまうのは自然なことだ」

黙った香穂子の腰を抱き寄せて、吉羅が軽く唇を合わせる。

(中略)

「そう……ですね。もとは五人もいる家だから、たまに一人になりたいと思っても、夜中も朝もずっと一人きりなのは……怖いかも」

香穂子が独り言のように言い終えると、吉羅に力強く肩を抱き寄せられて、耳元に囁かれた。

「今夜は、ずっと一緒にいよう。君に寂しい思いはさせない」

まるで恋人同士の交し合う言葉のように、甘い囁き。

(中略)

――君らしくて、好ましいね。

――今夜は、ずっと一緒にいよう。寂しい思いはさせない。

――ネクタイの結び方を覚えてもらわないと困る。

――私だけを見つめて、という意味だ。

――これは犯罪だ。怖いか?

 

吉羅の言葉の数々がリフレインされる。

 

(中略)

「可愛いことを言ってくれるね。……そんなことを言われると、また君をひどい目に遭わせてしまいそうだよ」

「えっ……」

「離したくなくなってしまうね……今夜はもう、時間がないが」

微笑を浮かべたままの彼の瞳が、香穂子の体のあちこちを這い回っているのがわかる。

「折りよくホテルにいて、舞台装置は整っているのに。――帰したくない」

テーブルに載せた香穂子の手を握られ、真顔で迫られると、香穂子は戸惑いが大きくて何も言い返せなかった。

 

(中略。以下、書き下ろしで理事長視点より)

 

彼女が素肌の上にシャツを羽織ったしどけない姿で私に近寄り、この部屋から見える風景は雄大だけど、寂しく見えるなどと言い出したのだ。

私にとって、ここは寝るためと休息するためのスペースだ。

寂しいなどの想いを抱いた覚えはなかった。

眺望のよさは気に入っているが、窓外のビル群にある種の感慨を抱いたことはあっても、大きく心を揺さぶられた記憶はない。

少女らしい感傷的な言辞に、私は苦い笑みを浮かべた。

不意に意地悪い言葉をかけてみたくなる。

「で、――私が寂しいと言えば、君はここに居てくれるのかね?」

宿泊を命じられたから、明日の夜までという極めて真っ当な返答があった。

私が寂寥を抱えているからといって、それを引き出してなんになるのだろう。

寂しいから力ずくで彼女を傍に置きたがっていると、そう思いたいのか。

(サンプルは以上です)


今更ながらクリスマスと新年、これには紹介絵をつけたくなりました。
で、半日かけて描いていたのが下のです。
カラーにして青くしたらなんか…暗い…
でもこの理事長の表情が、何をか言わんや…という苦悩に満ちてて割と気に入っています。
 
初期は非常にダークな世界観だったので、理事長のどっか病んでるぽい退廃的な雰囲気はやはり彼のテーマカラーであるダークブルーが合うなと思い、エアブラシをかけてみました。
抱かれている女性は髪形でもわかるように香穂子ちゃんです。

今攻略している理事長本編の方、コミカライズしたくてたまらなくなりました…(*´Д`)
でも多分鉛筆か鉛筆風でざっと描く感じになりそうです。

拍手[5回]

こないだの6周年記念のお話、吉羅理事長…悪役が似合いすぎです(*´Д`)
というわけで遅まきながら…とても不穏なお話を妄想して勢いで書いている次第です。
これはそのワンシーン。
この後彼女がどうなるかは…推して知るべし!


お絵描きツールが新しく加わってから、絵を描きたくてたまらなくなってしまいました…
さすがwacomすげえええ!!もっと色んな絵を描きたいです…

拍手[1回]

プロフィール
HN:
yukapi
性別:
女性
職業:
イラストレーターみたいなもの 自営
趣味:
読書。絵を描くこと、文章を書くこと。
自己紹介:





なんだかいろいろと絵や漫画を執筆中。…吉羅理事長勝手ノベライズ+捏造小説他公開中.理事長ゆず風呂漫画3完成して一応完結しましたw





100万人の~をベースに現在の時系列で勝手ノベライズ&完全空想エロありエピソードを書いています。時に微エロ・ハードエロありですのでご注意を!







最新コメント
[10/27 yukapi]
[09/13 yukapi]
[09/12 一葉]
[03/11 吉羅暁彦]
[02/15 吉羅暁彦]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
バーコード
Copyright(c) 吉羅暁彦理事長×日野香穂子 SS小説・漫画イラスト置き場 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]