忍者ブログ
Since2013.10~「100万人の金色のコルダ」をベースに、吉羅暁彦理事長と日野香穂子の小説を連載していました。現在単発で吉羅理事長楽章ノベライズや勝手に楽譜イベ内容を補完した妄想小説を掲載中。R18小説・HコミックをDLSITEでダウンロード販売中。イラストや漫画も無料掲載中♪一部パスワードあり
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
お待たせしました!連載時、拍手数もコメント数も多かった「35 Extasy」が収録されている激エロティックなパートを販売開始します!

【30蠱惑~49Change clothesまで】
30蠱惑~49Change clothesまで DLsite.com直リンク

以下にサンプル文書を掲載します。おまけで未発表「30話・理事長視点から独白」を最後に収録しています。


「とんだ邪魔が入ってしまったな......」
吉羅が香穂子の下肢に手をやりながら言った。
「もし君が本気で私から逃れたいと思ったのなら、土浦君に助けを求めることもできたはずだ。だが、君はそうしなかったな」
香穂子はどうすることもできず、ただあそこで話を聞いていることしかできなかった。
彼女が土浦の前に姿を現せば、あからさまな吉羅との情交の様子を見せ付ける結果になる。

(中略)

「......やめ......」
顔を上げられて唇を奪われる。
不意に強いノックのあとに、吉羅の返事を待たずにドアが開かれる。
「おっと......」
金澤の声がするが、吉羅は一向にキスをやめたりする様子がない。
今まさに彼に見られてしまっているのに――
香穂子は焦りと羞恥心とで背筋に冷たい汗が伝わり落ちていくのを感じた。

(中略)


彼の動きが止まってしまって、香穂子は泣くような声をあげた。
「お願い......ああ、やめないでください......」
恥も外聞もなく懇願するしかない。
目の前に迫り来る絶頂を逃したくない一心で。
「......ふふ。そんなにいいのか?」
笑いながら、吉羅が律動を再開させる。
完全に抵抗する意志を失くし、彼によって与えられる悦楽を貪ることしかできない。
「君が、こんなにまで私に溺れてくれるとはね。......男冥利に尽きるな。......もっと気持ちよくしてあげるよ。もっと......もっとね」


(中略)

「君の体が急速に成熟を遂げているのに、心がついていかないというところかな。私も、君を酷く責め苛み過ぎてしまったようだ。長居はよくないから、私はそろそろおいとまするよ。早く元気になって、またヴァイオリンを聞かせて欲しい。待っているよ」
額に軽くキスをされて、一瞬だけ低く囁かれた。
「愛しているよ。――香穂子」


扉を開ける前に、吉羅は少し後ろを振り返って微笑を浮かべた。
嘘のような本当の言葉。
取ってつけたような言葉だと思ってしまいそうになるが、何度も反芻する。
ほんの十分くらいしかここにいなかったのに、彼の言葉などどれが本当か嘘かもわからないのに。
もう涙は出なくなっていた。
無自覚なマゾヒストだと吉羅に指摘された途端に、全ての符号が合わさった気がした。


(中略)

「ああ、日野君。ご苦労だったね。ここの整頓は私の部屋の何倍も大変だろう。
とても一日で終わるような作業ではなさそうだ」
吉羅の苦笑交じりの声を聞き、金澤が反論する。
「日野の奴、おまえと同じような物言いまでするようになったぞ。経費削減しろってよ。さすが理事長様の秘蔵っ子だよなあ」

そんなことをからかい半分にまで言われてしまって、香穂子は内心激しく動揺する。
確かに、学院の経営状況は相変わらず芳しくないのを吉羅の口から直接聞かされている。
だから当たり前の策を、当たり前のように提案したつもりだったのに。
「それは堅実ですね。彼女の言い分は正しいですよ。生徒の方が学院の状態によほど危機感を持ってくれているというのは、どうなんですかね」


(中略)
不意に会話が途切れて、暫しの沈黙の後に吉羅が呟くように話した。
「言っただろう?リセットする、と」
「......そうですね。そう言いましたよね」
香穂子は微かに笑みながらうなずいた。
「それから......私は、私からは触れない、と言ったのだがね」
思いがけない言葉に香穂子は黙った。
つまり、触れたければそっちから触れてこいという意味に取れる。
テーブルの上に置いた香穂子の手が、そう言われたからといって動くことはなかった。

「――ずるい」
香穂子はぽつりと言った。
「ずるい人ですね......あなたは」
思ったことを正直に口走りながら、香穂子は頬と胸のあたりが熱くなるのを感じていた。
「私のどこがずるいって?」
香穂子をからかうような口調と目つきになった吉羅に気持ちが揺さぶられる。
「私のこと、あんなにさせておいて......」


(中略)
「――ねえ、吉羅さん。私のこと、好きですか?」
「好きだよ。でなければ、こんなことはしないよ」
「じゃあ、愛してるって言いましたよね。本気ですか?」
「本気だよ。――愛しているよ」
真顔で見つめられながらそう告げられると、うっかり信じてしまいたくなる。

「相手の嫌がることをしたり、困らせたりすることが、あなたの愛情なんですか?」
静かな怒りが香穂子の声の調子を落とさせていた。
「好きな子ほどいじめたくなるという小さな子供がいるだろう。それと似たようなものだよ」
「それじゃあ、そんな子供じみた愛情表現があなたのやり方なんですか?」
吉羅はふっと笑った。


(中略)
特典未発表書き下ろし 理事長の独白より抜粋

――嫉妬......?
嫉妬しているのだろうか。
年若い未成熟な少年に。
三十路を過ぎた、いい大人の私が。

土浦は二年生当初から彼女と仲がよく、私が理事として着任する前から日野君と密に接し続けている。
コンクールへの出場を強要され、伴奏者が土壇場で欠場するという窮地に陥った日野君の伴奏を買って出て、彼も一躍注目の的となった経緯を辿っている。
彼の一年近くに亘る熱い想いは、気の毒に、彼女には届いていなかったようだ。
――さぞ悔しいことだろう。
たかだか秋口くらいからしか接していない私が、日野君の身も心も奪ったと知れば、あのように激しく憤っても致し方あるまい。


先日販売した分も、お買い上げありがとうございます<m(__)m>
販売数がじわじわと増えているのを見ると、とてもとてもありがたい気持ちでいっぱいです。

実は先日のシンフォニア設定のお話も書いているんですが、妙にエロくなってしまった…(´・ω・`)

拍手[0回]

PR
いろいろな心身の不調が度重なり、なかなかまとめられなかった「クリスマスと新年」のお話をまとめ、ラストに理事長視点のモノローグを書き下ろして販売開始です!

続きを待っていてくださった方々には、本当に申し訳ありません<m(__)m>

【クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで】

↓ こちらを押すと直接販売サイトに飛びます
クリスマス・初詣・理事長お誕生日まで DLsite.com直リンク

(以下はサンプル文章・本文より抜粋です)

年末が差し迫ってきて、街中はクリスマスと年越しムードが混在している。

無事特待生への承認が行われて、香穂子は安堵の中にいた。

ただ一つ、心に棘のようにひっかかる懸念を除いては――

時節柄外での練習は寒いし、通常時程の中では音楽科の予約でいっぱいな練習室が空いているので、そこを借りてずっと弾くことができる。

練習室のドアを開けようとすると、そこでばったり土浦と出くわした。

(中略)

理事長室に連れ込まれた香穂子は、吉羅が内鍵をかけるところを見ていた。

「さっきは、土浦君となんの話をしていたのかね?」

「……とぼけないでください、理事長。聞いていたんでしょう?」

「おや、心外だな。私が君達の話を盗み聞きしていたとでも?たまたま君達の会話が洩れ聞こえてきただけだよ。防音とはいえ、楽器も演奏せず扉の近く、それも小窓の傍での声ならば外に洩れてしまうのは自然なことだ」

黙った香穂子の腰を抱き寄せて、吉羅が軽く唇を合わせる。

(中略)

「そう……ですね。もとは五人もいる家だから、たまに一人になりたいと思っても、夜中も朝もずっと一人きりなのは……怖いかも」

香穂子が独り言のように言い終えると、吉羅に力強く肩を抱き寄せられて、耳元に囁かれた。

「今夜は、ずっと一緒にいよう。君に寂しい思いはさせない」

まるで恋人同士の交し合う言葉のように、甘い囁き。

(中略)

――君らしくて、好ましいね。

――今夜は、ずっと一緒にいよう。寂しい思いはさせない。

――ネクタイの結び方を覚えてもらわないと困る。

――私だけを見つめて、という意味だ。

――これは犯罪だ。怖いか?

 

吉羅の言葉の数々がリフレインされる。

 

(中略)

「可愛いことを言ってくれるね。……そんなことを言われると、また君をひどい目に遭わせてしまいそうだよ」

「えっ……」

「離したくなくなってしまうね……今夜はもう、時間がないが」

微笑を浮かべたままの彼の瞳が、香穂子の体のあちこちを這い回っているのがわかる。

「折りよくホテルにいて、舞台装置は整っているのに。――帰したくない」

テーブルに載せた香穂子の手を握られ、真顔で迫られると、香穂子は戸惑いが大きくて何も言い返せなかった。

 

(中略。以下、書き下ろしで理事長視点より)

 

彼女が素肌の上にシャツを羽織ったしどけない姿で私に近寄り、この部屋から見える風景は雄大だけど、寂しく見えるなどと言い出したのだ。

私にとって、ここは寝るためと休息するためのスペースだ。

寂しいなどの想いを抱いた覚えはなかった。

眺望のよさは気に入っているが、窓外のビル群にある種の感慨を抱いたことはあっても、大きく心を揺さぶられた記憶はない。

少女らしい感傷的な言辞に、私は苦い笑みを浮かべた。

不意に意地悪い言葉をかけてみたくなる。

「で、――私が寂しいと言えば、君はここに居てくれるのかね?」

宿泊を命じられたから、明日の夜までという極めて真っ当な返答があった。

私が寂寥を抱えているからといって、それを引き出してなんになるのだろう。

寂しいから力ずくで彼女を傍に置きたがっていると、そう思いたいのか。

(サンプルは以上です)


今更ながらクリスマスと新年、これには紹介絵をつけたくなりました。
で、半日かけて描いていたのが下のです。
カラーにして青くしたらなんか…暗い…
でもこの理事長の表情が、何をか言わんや…という苦悩に満ちてて割と気に入っています。
 
初期は非常にダークな世界観だったので、理事長のどっか病んでるぽい退廃的な雰囲気はやはり彼のテーマカラーであるダークブルーが合うなと思い、エアブラシをかけてみました。
抱かれている女性は髪形でもわかるように香穂子ちゃんです。

今攻略している理事長本編の方、コミカライズしたくてたまらなくなりました…(*´Д`)
でも多分鉛筆か鉛筆風でざっと描く感じになりそうです。

拍手[5回]

色々あったのと体調不良だったので、すっかりブログ記事を更新できなくなっていました…が!
理事長56章以後追加きましたね!今年のはじめに51章追加したばかりなのに…

こんな早いペースで逆に大丈夫なのかと問う声まで聞こえてくるし、ほんと大丈夫かと私も100コルの先行きを心配しています(´・ω・`)

12月にはフルボイスでちゃんと恋愛エンドの追加と新エピソード追加の理事長が…あいや、金色のコルダ2ffが発売されますね♪
私は理事長だけの追加ダウンロードコンテンツが欲しいだけなので、通常版をどこで買うか考えています(´・ω・`)


こちらは、私の大好きなドリームシアターのヴォーカリスト、ジェイムズ・ラブリエの若き頃。
美青年ですね!!
今は貫禄の出たおっちゃんになってしまいましたが、なのに声は透明感のある繊細なハイトーンヴォイスなところが好きです。

入り抜きペンの他、エアブラシとか他のテクスチャも使ってみたくて描きました。
今のラブリエの容姿は、デスメタルとかブラックメタルの人と言われても納得な、髭面のコワモテになってしまったけど…でも好き
過激なリフと歌詞で有名な「スレイヤー」のトムアラヤなんか物凄くいい人ですし!

物語も少し書いています、絵も描きたいしマンガも書きたい……
本を買ってくださった方々、ここを見てくださって励ましてくださる方々、ゲームで関わる方々にお礼を申し上げます<m(__)m>

理事長の新譜欲しい~、けどどうしようかな(´・ω・`)

拍手[1回]

初体験話第三弾。(他に鬼畜展開ハードエロのがもう一作あります。こちら未発表、書いてる最中です)

――ずっと、あなたが好きでした。
本当に好きな人と結ばれることができて、私は幸せです――

【危機】
危機 DLsite.com直リンク

PDFで448KB、テキストだと25KBです。100円でございます。

ある日、気まぐれに電車に乗って外出していた吉羅。
同じ車両で偶然乗り合わせた香穂子を見つけたが、彼女の様子はとてもおかしくて……?


冒頭で香穂子ちゃんがかわいそうな目に遭いますが、その後理事長の愛情で一気にラブラブ展開に発展します。今までにないほど真剣恋愛状況にある2人です。
一旦終わっていますが、もしリクエストがあれば続きも書きたいと思います♪


先日販売した作品も早速お買い上げくださった方々が……!ありがとうございます<(_ _)>

ごめんなさい、本編の方、冬休みとか三学期からの方ももうじきまとめたいと思います。


自分の書いた文が長すぎて、テキストをwordもどきに写して文章チェックし手直しし、PDF化する作業に時間がかかってしまって…


腰痛と貧血気味と月経過多+生理周期に伴ってお腹壊すので(排卵期過ぎると治る)月の半分近く体調がよくなくて、寝ながら痛みを誤魔化しながらコルダはやってます(´・ω・`)
外での仕事が困難なので、今まで書き溜めてた未発表文を次々上げている次第です…

拍手[2回]

処女喪失話第二弾!完全未発表作品が販売開始です♪

【隠れ湯温泉 ―子供じゃないの―】
隠れ湯温泉 ―子供じゃないの― DLsite.com直リンクPDF で470KB,100円です。
テキストだと25KB相当です。
理事長の祖父の持つ別荘地で、温泉を掘ったら出たという豪勢なお話。
「君も別荘についてきたまえ。ただし、慌しくしたくないので最低でも一泊しようと思っているよ」

なんと、一泊旅行に誘われてしまった!
それって期待していいの?いいよね?おっしゃ下着買うぞ!と張り切る香穂子ちゃんですが。
あの手この手で自分の女アピールをしても、きれいに黙殺される香穂子ちゃん。
理事長と訪れた動物園で迷子を抱き上げた彼を見て、ひとこと。
「子供、欲しいな」

「子供を作る行為もまだだと言うのに。君は……」

思いの外理事長にウケてしまったけど、笑われてばかりの香穂子ちゃん。
見てらっしゃい、私はもう子供じゃないんだから……。
温泉宿で秘湯に浸かる吉羅理事長、後からこっそり入ろうとする香穂子ちゃんですが……

まあ結論から言うとやってますねwwwよかったね香穂子ちゃん♪
優しいけど理事長のSっ気もしっかりと出てます。
去年コミカライズした温泉捏造話のワンシーン。
こんな雰囲気だと思ってくだされば♪

申請から認証まで約三日。
明日には第三弾、「危機」が認証される予定です♪

今までの作品をお買い上げくださった方々、改めて御礼を申し上げます<(_ _)>
ありがとうございます!
父の突然死の激甚なストレスにより、過長+過多月経でまた貧血気味になってしまいました…
貧血治療中で体調不良なので、せめて鉄剤分くらいは収益が出たらいいいなと思います (´;ω;`)


拍手[2回]

超初期、ブログも書いてなかった頃の四年くらい前の完全未発表ハードエロ作品に補綴入れて完成しました!
こちら直リンクなので販売サイトに飛びます
A lustful desire DLsite.com直リンク

http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ194577.html

PDFにしてきましたが、テキストのみだと24KB程度。
PDFだとZIPにして377KB、100円です。23ページです。

タグで「初体験 ぶっ○け フェ○○オ」となってますがまあつまりそーゆーことですwww

サンプルを登録してきましたが、反映まで二日かかるらしいのでここに抜粋します。

**************************************

(略。香穂子ちゃん高3、クリスマスの夜。コンサートに出て理事長と会食中)

これまで、彼女のような少女に惹かれたことなどなかった。

香穂子の華奢なほっそりとした体は、未成熟な青さを容易に想像させる。
吉羅の食指が動くようなタイプではなかった。
少なくとも、今までは。


しかし今日の彼女の装いはベアトップのドレスで、彼女の胸が意外なボリュームを備えていることが見てとれるデザインだった。
セットのショールで胸元を覆っていた時には隠されていた乳房の膨らみが誇らしげに吉羅の瞳に映った。
制服の上からではわからなかった彼女の肉体が、思いの他成熟しているのを知らされた。
胸も、そして腰のまろやかな張りも、細いけれど出ているところはしっかりと女を主張している。
淫靡な想像が、吉羅のそこを持ち上げさせていた。
何を、馬鹿な……
吉羅はシャワーの熱い湯に髪を浸しながら、想像の中の裸身を振り払った。

(略)

今日の彼女の露出過剰とも思える装いに、不覚にも心が動いた。
活動的な制服に身を包み、しょっちゅう走り回っているおっちょこちょいな小娘。
日頃の彼女のそんな印象を一変させる。
「女」としての彼女を強く意識する。
ドレスの下に隠された曲線を思い浮かべると、不本意だが下腹部が持ち上がっていくのを
感じて溜息をついた。
肉体的に成熟していても、彼女はきっと未経験か、もしも仮に男性経験があったにしても、ごく浅い程度だろう。
その思いは吉羅の中に確固として根付いていた。
自分が近寄る都度怯えたり、不意に手や腕の接触を持った時の彼女の反応で処女と確信していた。

――
処女の娘を抱き、自分好みの女に仕込むことも悪くはない。
むしろ、興味があると言える。
それは彼がまだ踏み入れていないジャンルだった。
邪な欲望が、悪魔の囁きが湧いて出た。

(略)

ベッドのそばで、断続的に響く水の音が聞こえていた。
それで香穂子は目を覚ましたのだった。
ここからはシャワールームが近いのがわかり、瀟洒な部屋の中をぐるりと見回すと吉羅の姿が無い。
つまり、今彼はシャワーを浴びているのだ。
自分のすぐそばで。
彼が、全裸になってシャワーを……


想像するだけで、香穂子は混乱してしまった。
酔い醒ましに来ただけ、何もしない、そう彼は言っていたような気がする。
胸の開いたセクシーなドレスの彼女を見ても、余裕のある笑いで似合っていると言われた。
演奏時にはショールで胸元をカバーしていたが、吉羅との会食の時に乳房を強調するようデコルテのラインを露わにしてみた。

しょせん自分のような未成熟な小娘では、彼を誘惑することはできないのか。
劣等感が、香穂子を落ち込ませていた。

そっとバスルームの近くに行っても、彼は気付いている様子はなかった。
シースルーのガラスはシャワーの湯気で曇り、彼がシャワーを浴びているシルエットが浮かぶ。
脱衣所のそばに立つと、またも動悸がしてきた。
シャワーの滴が落ちる水音に混じって、呻き声のようなものが聞こえた気がした。
気のせいかとも思ったが、耳を澄ませて聞いていると、かすかにだが吉羅の低い声が響く。
聞いているうちに、いつのまにか呻きは甘い喘ぎに変化した。

乱れてゆく、男の吐息。
中で彼が何をしているのか、未経験の香穂子でもすぐにわかった。

(略)

吉羅のそこは、明らかに男の欲望を正直に示していた。
彼の身体を見るような勇気はとても持てなくて、素早く目を逸らしたつもりで
いても、それがまともに視界に入ってしまって、香穂子は胸の高鳴りを抑えることができなかった。
彼が自分に感じてくれているなら、嬉しい。
自分を抱くまいとして、中で自慰をして欲望を鎮めていたのだろうと思う。
女として自分を見てくれることを、どんなに強く願っていたことか……
彼女はひっそりと熱い溜息を漏らした。

(略)

「あ、あの……私っ、気分もよくなりましたし、それで、その、家に……」
「帰すと思ったのかね?」
ぼそりと低い声が、香穂子の頭上から降り注いだ。
聞き違いかと思うほど低い、威圧を含んだ強い声音だ。
「酔った男の言う事を信じるなんて……君は、つくづく甘いお嬢さんだね」

(略)

「いや……」
叫ぶ唇を強引に奪われる。
軽く合わせたと思うと、次には深く舌が差し入れられ、やがて香穂子の口腔内を
吉羅の舌が塞ぐようにして舐めまわす。
ディープキスを浴びせられながら、香穂子はその初めての感覚に戸惑った。
粘膜同士が擦れあうと、そこからなんとも言えない快さが生じてくる。
唇だけではなく、口の中にまで性感があるだなんて。
恋人未満の間柄ではキスもされなくて、……これが初めてのキスになるのに。
いきなりディープの洗礼を受けて、香穂子は当惑しつつ快感を味わっていた。
(後略)

****************************************

以下、処女相手にまあとんでもないことやります。



エロいことやってるのにタイトルが浮かばなかった。
「淫らな欲望」というタイトルです。まんまやんけ!

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

続きじゃないけど、既に完成しているソフトなラブラブなお話も来週販売予定です。
更に温泉に行っちゃうお話も完成したので、販売します♪


  
バレンタインから1日経ってしまったが、私はリンツのチョコレートが一番好きだね。

何故処女を奪うパターンが幾つも幾つも幾つもあるのかって?
それは、楽しいからに決まっているだろう?
それ以外に何があると言うのだね?

それと、連載話の初期を焼き直しているのを書いているとか。こちらかなりな問題作。ちょおエロい。期待していてくれたまえ( ̄ー ̄)ニヤリ

あと完成してるソフトなエロもあるのに、何故初体験なのに超エロから校正しているのかね?
四つも日野君の処女を奪うパターンとか、君はどれだけ……(呆れ)

この記事の下に去年のバレンタイン漫画を再掲している。なので票数が多いわけだ。
まあ作者のアホな萌えっぷりと、それなりに私を描こうとしている努力を認めてやってはくれまいかね?

拍手[2回]

――ずっと貴方と結ばれたかった。だから後悔なんてしていません――

――ずっと、君に触れたかった。だが躊躇もしていた。
私は臆病者だ、君を困らせたり大人げない真似をしてきたね……

高三の香穂子ちゃんと、恋人未満の状態だった吉羅理事長。
一線を引いた微妙な関係の彼と彼女は突如トラブルに巻き込まれ、そこから急速に2人の距離は縮まり……。

実は三年以上も前に書いていた短編(一応完結してます)がありました。
やや甘い短編ですが、近日公開予定です。
他の作品のいずれよりも、最も真剣に愛し合っている状況のラブラブカップルぶりでございます。
理事長に遊んでいるゆとりがなく、それだけ惚れ込んでる感じです。
そういや愛してるってお互いに言ってるのもこの作品だけかも。


でもって他にも書いてます♪
R18設定を更に過激にした焼き直し版と、「2人の温泉物語」を下敷きにした、100コル50章の続きっぽいソフトなエロのお話です。

温泉のお話は一応完結しましたが、前半のまったりデート描写が結構長くなったけど、しっかりとやることやってますw

基本的にこちらの更新が止まっている間は、体調が悪いか、復調して妄想のお話を捏造して熱心に描いているかのどちらかです♪

今回の吉羅様のスチルに心奪われてさっさと買ってしまい、金やん+楽譜の香穂子ちゃんがかわいすぎてどうしても欲しくて、ガチャって出た吉羅様はクリア済みだったので交換でげとできました♪

あああかほたんかわいいよかほたあああんん(*´д`*)ハアハア 

拍手[2回]

一部で反響の大きかった、香穂子ちゃんと理事長のエロエロマンガ「賭けの結末」、半額キャンペーンをすることにしました…
定価で購入してくださった方々には申し訳ありません<(_ _)>

期間限定半額キャンペーンで、2017年2月6日正午まで半額で販売いたします。


卒業する前、二年生だった香穂子ちゃんと吉羅理事長とが交わした一つの「賭け」。
その報酬は「君の大事にしているものを貰う」というもので……
ということで処女を奪われてしまう香穂子ちゃんと、意地悪で強引だけれども基本的には香穂子ちゃんを楽しませてあげようという、サービス精神豊かな吉羅様の愛とエロ溢れるお話です。

「賭けの結末」324円→162円




ちょっと劇画調にしすぎたかなーとかエロがモロっぽいとか生々しいとか

あれこれ反省点はありますが、数ヶ月近く描いて、その場その時のできうる限りの愛と煩悩を、吉羅様と香穂子ちゃんに捧げました!

よかったら上のリンクから飛べるサンプルをご覧になってくださいませ
(去年のブログ掲載時は鉛筆のみでしたがかなり手を入れ、お話もだいぶ変更しました)

拍手[1回]

先日肉親に急な不幸があり、ショックと心労で体調不良も重なり更新ができなくなりました。


やっと少し落ち着いてきたけれど、未だに悪夢の中を彷徨っているような感覚が抜けません。

以前自分で書いていた文章で、理事長が姉を亡くした直後からのお話があるのですが、今度は全部自分に向かって跳ね返ってくるような、不思議で、かつ心の痛む思いです。


同じように急に父を亡くした知人は、やめていた煙草を一本だけ喫ったそうです。
それは線香をあげるのと同様の意味合いがあったのではないでしょうか。


荼毘に附される直前、本当に、悪夢を見ている私を誰か叩き起こしてくれないかと思いました。


以前アップしていたけれど取り下げていた文章を、自分でも再読する意味でも再度アップしてみます。


拍手[3回]

なんか暫くぶりに自ブログ見てます…ログインパスワード請求されるほど、一週間くらい見てなかった…

今もなおのぶニャがに夢中です…というのも、我が愛しの「きニャ暁彦」様の育成に夢中なのですw
理事長様への愛は微塵も変わっておりませぬ!!
更にニャがコラボで本家本元「100万人の信長の野望」にまで手出しする始末です…
その昔弟がハマってて「何が面白いんだよ」とか思ってましたが面白いんですよこれが!!

ついつい「影武者徳川家康」や「SAKON」池上遼一様作画の「信長」、そして横山光輝作の信玄・秀吉・信長・勝頼・正宗・家康まで全部引っ張り出して再読している最中ですorz
中高生の頃これにハマってたら歴史の成績もっと上がってたはずw

毎日戦国時代のお話ばかりが頭を巡り、歴史マンガのお陰でニャがに出てくる「ねこ武将説破」クイズ3つのお題、何も見ずパーフェクトに回答することもできるようにw

きニャさまこと吉羅暁彦様。
猫の姿ですが、彼の得意技「交響曲」かなり使えます。
遠距離から多人数目掛けて400~500ものダメージを負わせることができます。

「必殺」身につけてた頃には一撃で相手を殺せましたが、今は「智勇兼備」移植させたのです。
あと早合レベル3を、佐々さん6枚くらいで「早合4」にアップさせましたw
(移動速度や術の発動速度が速くなる。つまり吉羅様のターンがバシバシ続くことが増える)
まだまだ佐々さん、ニャーゴロさん、他早合素材げとしてあるので早合5にさせるか。

始めて1ヵ月、初心者しかも微課金の我が隊の不動のエースですw
そんで金やんの「ねこやなぎ3」かなり発動するのでなかなか面白いかも。金やんも早く覚醒させたい。佐々木スコじろうもかっこいいので覚醒させたい。猫足レベル5にさせたら相手の攻撃かわしまくりで凄いですw

……そんなこんなで、すっかりニャがの合間にコルダをやってる感じになってしまいました…が。


前回の理事長…「誰これ?」って感じの仕上がりでしたが…
ハロウィンナイトのイベ、シナリオのノベライズではなくて、吉羅様の視点の独白にさせようかと思案中です。

まだこのブログを見てくださってる方、書いて欲しいよという励ましの意味での拍手をお願いします♪

拍手[4回]

プロフィール
HN:
yukapi
性別:
女性
職業:
イラストレーターみたいなもの 自営
趣味:
読書。絵を描くこと、文章を書くこと。
自己紹介:





なんだかいろいろと絵や漫画を執筆中。…吉羅理事長勝手ノベライズ+捏造小説他公開中.理事長ゆず風呂漫画3完成して一応完結しましたw





100万人の~をベースに現在の時系列で勝手ノベライズ&完全空想エロありエピソードを書いています。時に微エロ・ハードエロありですのでご注意を!







最新コメント
[10/27 yukapi]
[09/13 yukapi]
[09/12 一葉]
[03/11 吉羅暁彦]
[02/15 吉羅暁彦]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
バーコード
Copyright(c) 吉羅暁彦理事長×日野香穂子 SS小説・漫画イラスト置き場 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]