忍者ブログ
Since2013.10~「100万人の金色のコルダ」をベースに、吉羅暁彦理事長と日野香穂子の小説を連載していました。現在単発で吉羅理事長楽章ノベライズや勝手に楽譜イベ内容を補完した妄想小説を掲載中。R18小説・HコミックをDLSITEでダウンロード販売中。イラストや漫画も無料掲載中♪一部パスワードあり
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[637]  [633]  [628]  [620]  [616]  [617]  [615]  [613]  [599]  [536]  [594

吉羅と衛藤とともに、吉羅行きつけのジムへとやって来た――
「さあ、着いたよ。ここだ」
「へえ、結構立派なところじゃん」
吉羅の案内に従って広々とした明るく綺麗な館内を歩くと、衛藤もジムの設備に驚ききょろきょろと辺りを見回している。  
歩いていたり、マシンでのトレーニングに勤しむのは、おそらく吉羅とさして生活ぶりに変わりのなさそうな、多忙なビジネスマンなのだろう。
ここにいる中で最も歳若いのが、衛藤と香穂子なのには間違いがない。

「……っていうか、ビジネスマン風の客ばかり」
普段は物怖じしない衛藤が、あちこちを物珍しそうに眺めながら呟く言葉に吉羅が反応する。「どうした、桐也?気後れしているのかね?」
「別に、そういうわけじゃないけど……」
からかう口調で吉羅に言われた衛藤が、少々ムッとした様子で年上の従兄に反論する。
「なら、堂々としていたまえ。利用者のひとりとして、不自然でないように」
「そりゃ、暁彦さんはいつも通ってるから慣れてるだろうけどさ。ま、いいさ。来たからには満喫させてもらうよ」
「その意気だ。これを機会に度胸をつけるといい」

従兄弟同士の親密な会話が繰り返されて、香穂子は自分が話に入れずにいて、疎外感を覚え始めていた。

「将来君たちは、さまざまなステージに立つことになるだろうからね。ステージが立派だからといって気後れしていては、本来の演奏ができないだろう」
吉羅が香穂子と衛藤の二人に向かって諭すように話し始めた。
確かに、嘗て天才と謳われたヴァイオリニストだった吉羅は何度も大舞台に立ち、コンクールでの優勝経験も多数あるとリリが以前教えてくれた。
その彼の経験からくる言葉には説得力がある。
客層が立派で、施設が立派だからといって、縮こまっていては自分本来の姿でいられない。

「さて、では私は受付を済ませてくるから、暫く待っていたまえ」
吉羅が、慣れた様子でビジターとして参加する衛藤と香穂子の受付手続きを終えて戻ってきた。

「さあ、行こうか。私と日野君はプール、桐也はフィットネスルームでロードバイクだったね。桐也はひとりで大丈夫かな?」
「なに言ってんの、暁彦さん。子供じゃないんだからね、案内も付き添いも要らないよ」
「よろしい。では、後ほど待ち合わせ場所で。何かあったら係員に言付けるように」

衛藤とは別行動を取るようで、香穂子はほっとしてしまった。
この新調した水着は、吉羅のために香穂子が用意したものなので、できれば彼だけに一番に見て欲しいと思っていた。

更衣室に入り、真新しいセパレートの水着に着替えた。
着たあとでおかしなところはないか、ウエストやお腹のスカート部分も大丈夫か何度も鏡の前でチェックした。
胸元を寄せて、少しでも胸が大きく見えたらいいなどと考える。
脈拍が普段の倍近くにまで上がっているようで、運動してもいない今のうちからドキドキが止まらない。

これから吉羅に、水着姿を見られるんだ。
下着とそう変わりのない格好を、初めて彼の目に晒すことになる。
彼はどう思ってくれるだろうか。
それより、彼の肌を見られるのかと思うと、舞い上がりすぎておかしくなりそうなくらいに、気分が高揚している……
体が熱くなって、とりわけ頬が火照っているようで熱感がある。

香穂子がプールサイドに辿り着くと、既に吉羅が待ち受けていた。
香穂子に軽く手を上げる長身の彼に近づくにつれて、心臓が大きく跳ねるようだ。
「着替え終わったようだね。では、軽く体を動かしてから泳ぐとしよう」
浅黒い肌……思った通りに、肩幅が広い。
スーツの似合う体格をしていると常々感じていたけれど、上半身だけでも、無駄な肉など一切ついていない、引き締まった体つきをしていると思う。
腰が高くて、脚が長い……
まるで外国人モデルのようなすらりとした脚線をしていると思って、ついつい見入ってしまった。

吉羅の横に並んで、軽いストレッチを行う彼の真似をする。
恥ずかしさを打ち消す意味合いで、早くプールの中に入ってしまいたい。

水に入って、水中にいる吉羅の姿を目で追って探した。
まずは先日の約束を果たしてもらうことを思いついたので、彼に言わないとならない。
「うん?私のことをじっと見つめているが、どうかしたのかね?」
「あの、泳ぎ方を教えて欲しいんです。効果的ないい方法を教えてくださるって約束しましたよね?」
「ああ。効率よく体力をつける泳ぎ方か。よろしい、私の知っている知識でよければ、君に伝授するよ。来たまえ、まずは君の泳ぎのフォームを確認しよう」

まるで、スイミングスクールのコーチとその生徒のような感じになってしまい、吉羅のマンツーマンの懇切丁寧な指導を受ける。
少しは色気のある雰囲気になるのを僅かに期待していたのに、水泳の指導一辺倒になってきつつあった。
でも、下手に彼を意識し続けていては香穂子自身の体と精神状態が保たなくなる。
クロールや平泳ぎから始めた香穂子の泳ぎ方を吉羅がチェックして、腕の上げ下ろしや、息継ぎなどの方法を教えてくれた。

彼が手本として泳ぐ姿は優雅なのにとてもスピーディで、思わず見惚れてしまうほどだ。
水泳選手にもひけをとらないくらいに、吉羅の泳ぎが熟達しているのが素人目にもわかる。

スポーツマンかもしれないとは思っていたが、バスケでも火原を負かすほど強くて、おまけに水泳までも熟練しているなんて……
これで彼を好きになるな、惹かれるなと言う方が無理だ。
吉羅に抱く尊敬と憧憬の念が彼への恋愛感情を増幅させていく。

「――そろそろ疲れたのではないかね?無理をせず、一度休憩をするといい。体を休めることも重要だ、体力を過信していては水の事故にも繋がるからね。向こうにデッキチェアがある、プールから上がって少し休もう」
吉羅がプールの縁に手をかけて、先に上がった。
彼とともにデッキチェアに腰掛けて、休憩をとることにした。

水という遮蔽物がないこの状態で、上半身は裸の吉羅と接近していることを意識した途端に、一度は落ち着いたはずの胸のざわめきが再び襲ってきた。
広い肩に、厚みのある胸板と、それに続く締まった腹部と……
……その下は、恥ずかしすぎてとても直視できない。
自分たちは今限りなく裸に近いような、それこそ下着同然の姿でいるようなものだと思うと、甘い感情と一緒に動悸がしてくる。
「どうだね、プールでのトレーニングは?」
そう言いながら髪をかき上げる吉羅がちらりとこちらに視線を走らせた。

流し目の端で香穂子を捉えるその仕草に、心が波立つ。
吉羅が腕を上げると、水泳でナチュラルに鍛えられた上腕の筋肉が盛り上がるのがわかる。
彼の何気ない動作や視線にさえも、気持ちの昂ぶりが止まらないほど香穂子の内心は動揺していた。

「あ……はい。とてもいい勉強になりました。体力づくりも演奏には重要なんだなって、理事長に教わったおかげでよくわかりました」
「それは結構。どの演奏家も体力をつけるために努力をしているからね。どうやら、今日君を連れてきたのは無駄ではなかったらしい」
香穂子の真摯な取り組みに満更でもない様子の吉羅に、思い切って次回も教えて欲しいと頼むことにした。

「あの……また、機会があれば、こうして教えていただけますか?」
「そうだな……君の演奏の向上を願う人間としては、無碍にはできない頼みだ。前向きに検討してみても構わないよ」
「ありがとうございます」
「私は、君を一人前のヴァイオリニストへと導く立場の者だ。……君が本当に必要とするなら、力を貸すにやぶさかではない」

まるで国会答弁みたいな婉曲な、持って回った言い方が、いかにも彼らしい。
吉羅がお得意の理屈を重ねて大義名分を探すような言い草をしていても、香穂子の努力を惜しまない姿勢に好感を持ってくれているのは間違いがない。

今日は吉羅に好印象を残せたようで、とても嬉しかった。
願わくば香穂子の体にも、少しでも魅力を感じてくれていたらと祈るような気持ちでもいた。
ここで香穂子の体型に一言でも吉羅が言及したとすれば、それはたちまち立派なセクハラになってしまう。
だから彼が何も言ってくれないのは、そういうことだ……

泳いだ後の心地よい疲労で少し重い体を感じながらも、香穂子の心は浮き立っていた。



(やぶさかではない、までがイベの中身です~)

脚色した香穂子ちゃんの心情部分が、かなり理事長を男として意識してエロっぽくなってしまった…(´・ω・`)

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
>tokieさん
はあ…やっとここ繋げた。喜んでもらえると嬉しいです~♪
あのスチル絵が+楽譜になって、物凄い話題になってたのでそこはどうやって描写しようかと頭をひねり
ました♪あの、さりげない力こぶというか上腕の逞しさがいいですよねえ…♪
水泳も、極めると筋肉が物凄い発達するんですよね。他の運動系部活や習い事をしていても水泳を
並行するのはお勧めされるし。
理事長のあの流し目w悩殺された女性多数いるようで、私もその一人です(*´д`*)
yukapi URL 2015/08/01(Sat)16:22:42 編集
>一葉さんへ
うっ…た、確かに私が書くと、香穂子ちゃんは吉羅理事長を性的対象としてエロ目線ですね…
でも好きな人に、水着姿を見られるかもしれないなら、やっぱりできる限りの準備は整えておいて
できれば好印象を残したいし。小娘としか見てないだろう理事長の目を、なんとかこっちに向けたい

そんな気持ちで書いてました(^^ゞ
yukapi URL 2015/09/19(Sat)17:23:49 編集
プロフィール
HN:
yukapi
性別:
女性
職業:
イラストレーターみたいなもの 自営
趣味:
読書。絵を描くこと、文章を書くこと。
自己紹介:





なんだかいろいろと絵や漫画を執筆中。…吉羅理事長勝手ノベライズ+捏造小説他公開中.理事長ゆず風呂漫画3完成して一応完結しましたw





100万人の~をベースに現在の時系列で勝手ノベライズ&完全空想エロありエピソードを書いています。時に微エロ・ハードエロありですのでご注意を!







最新コメント
[03/11 吉羅暁彦]
[02/15 吉羅暁彦]
[01/30 yukapi]
[01/11 yukapi]
[07/29 yukapi]
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
P R
バーコード
Copyright(c) 吉羅暁彦理事長×日野香穂子 SS小説・漫画イラスト置き場 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]